エスペラント禅問答、思想と生活

私達を幸せにしてくれない常識を全部殺したい。ギャグ世界平和ブログは「モザイクエンペラーのブログ」

もう一つのブログ最新記事イベント「人間展示会やります」

キモいボランティア3パターン

こんにちは、おぱんつemperorです。

 
f:id:opantuemperor:20160129174837p:image
まだ大学でボランティアをしていた頃のおぱんつemperor。キモい。

 本当はきもいボランティアは492パターンあるのですが、

今日はわかりやすく3パターンに分けて紹介します。
 
ちなみにキモくないボランティアもいますが、今日はキモい方のボランティアの話です。
 
 
 
 
きもいボランティア①群老人ボランティア
 
 
活動に興味があると言うより集まって群れてワイワイしたいだけ。
老人のボランティアや大学生のボランティアサークルなどに散見される。
鳴き声は「ウェイ」。
 
活動の効果を高めたりするよりも仲良く楽しくできるかを優先したり、
自分達の活動が誰かに害を与えていないか考えない。
 
活動が少し大変になると途中で放り出したりボランティア活動など一切せず飲み会と合コンしかしていない場合もある。
好きな作業は『活動後の飲み会』
 
 
 
 
きもいボランティア②陶酔ボランティア
 
 
「自分は良い事をしている」と思いたい。
地味な作業をしたがらず手っ取り早くいい事した感が出ることばかりしたがる。
好きな作業は『アフリカの子供達の真ん中で写真を撮り、facebookのアイコンにする』
 
活動が自己満足になりがちで押し付けがましいところがきもい。
 
レベルが進むと、ボランティア活動に興味を示さない人間を見下し始める。余計なお世話だよ!
 
鳴き声は「助ける」「やってあげる」「かわいそう」。
 
 
 
きもいボランティア③無気力ボランティア
 
 
学校や会社で強制されたり、受験で有利になるためにやっている。
やる気がなくだらだら雑に作業を行い他のボランティアのやる気をそいだりする。
好きな作業は『遅刻早退休憩』
 
強制している学校や会社もきもい場合が多い。
(これについてもそのうち詳しく書きたいと思います)
 
 
 
 
そもそも「ワイワイしたい」と思うことも、「いいことしたな」と思うこと自体も悪いことではありません。
 
学校や会社にやらされてはじめたことでも、それをきっかけに活動を好きになる場合もあると思います。
 
 
ボランティアの活動そのものの楽しさに加えて、いい仲間ができたり、自己肯定感がえられるのはいいことです。
 
活動自体に楽しさが見出しにくいなら、
お金をもらうかわりにボランティアする自分に陶酔したりするのも、必要なことかもしれないです。
 
(陶酔して役に立つことをするのと、なんにもしないのを比べたら、陶酔してる方がいいので)
 
 
ただそれが行き過ぎて、自分のボランティアが迷惑になったりしてはいけないですよね。
 
…あたりまえ!でも震災ボランティアの問題は記憶に新しいですね。
 
 
 
散々人の悪口ばかり言っていますね!
でも全て私が活動したことがあるボランティア5つでの実話です!(白目
 
 
次回はこれらの問題点の解決の仕方についてです。やっとポジティブな話だよ!
 
 
 
ではまたおまた。
 
 
 
 
前回はこちらから
 
『ボランティアは偽善と言う奴、今すぐ黙れ』
(前回も次回も、一話完結型の話です)