エスペラント禅問答、思想と生活

私達を幸せにしてくれない常識を全部殺したい。ギャグ世界平和ブログは「モザイクエンペラーのブログ」

もう一つのブログ最新記事イベント「人間展示会やります」

障害者もセクマイも気持ち悪くて当たり前

こんにちは。おぱんつemperorです。今日は怪談です。

炎上しそうで怖い話だからです。

 

あ、セクマイっていうのは新しいアイドルグループではなくてセクシャルマイノリティーの略です。
同性愛者や無性愛者や性同一性障害など、とにかく「性のあり方が多数派とは違う人」のことです。

 

私はこれからある考え方を述べますが、

セクシャルマイノリティーがみんな私と似た考え方をしているわけではなく、

女性がみんな私と似た考え方をしているのではなく、

これはただの私の考え方です。

 

私は障害者の人もセクシャルマイノリティーの人も、本能的に気持ち悪いなと思ってしまいます。
そして、本能的に気持ち悪いなと思ってしまうのは仕方がないと思います。

 

別にみなさん興味はないと思いますが、私の経歴を説明させてください。

自分の立場を説明しておけば炎上防止になるかなっていう、いやしい魂胆です。


私自身は下ネタが大好きな下品な女子です。
子供は絶対産みたくありません。

家出している間に私立中学校を退学になって、
転入した公立中学校は「プールにふえるわかめが大量投入される」程度の治安だったので登校拒否していました。
このくらいの時期はいろんな自傷行為を繰り返していました。

 

大学生の今はメンへラでカウンセリングに行っていて、
アスペルガー症候群の疑いがあるので病院に行っていて、
SMが好きで、両性愛者で、彼氏と彼女が一人ずついます。
(彼氏と彼女は、二人ともそのような状態であると知っています。)


自分がいろんな人に気持ち悪いと思われる存在だということはわかります。
もちろん大学でも浮いています。(たぶん私が特別な存在だからだと思います。真顔。)

でも私はほかの障害者とか、セクシャルマイノリティーの人のことは気持ち悪いなって思います!勝手だね!

 

いまから「こういう傾向の人が多いよね」っていう話を話をします。
あくまで傾向の話ですからね。私は違う!みたいなコメントは勘弁してくださいね!


人間は、生殖に有利な特徴を持つ人に惹かれるようにできています。

(正確に言うとこんな感じになります。「生殖に有利な特徴を持つ人に惹かれるような性質の人は、子供を残せる確率が高いです。子供にもそのような性質は受け継がれます。よって時代を経るにつれそういう性質を持つ人はどんどん増えていくのです。」)

裏を返せば、生殖に有利な特徴を持たない人にはあまり惹かれないし、むしろ避けようと思います。
これは人間が生殖して増えていく存在である以上、変わらないことです。
だから、生殖に有利な特徴を持たない人を「気持ち悪いな」って思うのは当たり前です。気合でどうにかできるようなことではありません。

気持ち悪いなって思われても、

自分で自分のことを気持ち悪いと思ってしまっても、

周りの障害者やセクシャルマイノリティーを気持ち悪いなと思ってしまっても、

べつにいけないことではないのです。

(その状態はしんどいとは思いますが…)

 

さらに、最近までは「障害者は前世の行いが悪い」とか

「精神病になるやつは甘えているんだ」とか

「同性愛者は非国民」とかいろんな偏見が強力な常識でした。
常識を疑わない人はこれからはなるべく頑張って疑ってほしいものですが、
常識を疑わないのは誰しもが陥ってしまう罪で、程度の軽い罪です。

ある程度仕方ないことだと思います。

若い世代の人は当然のように「戦争はやってはいけない絶対悪だ」と思っていますが、
多くの人はどうしてやってはいけないのかを自分の頭で徹底的に考えたことなんて一度もないのではないでしょうか?
日本では主流の「戦争だめ」っていう考え方は、ほとんどお涙頂戴教育ビデオと教科書の刷り込みの成果でしかないですよね。

それと同じように上の世代の人はいろんな形で小さいころから「天皇は絶対で正しい戦争をしている」みたいなことを刷り込まれていたのです。
どうして戦争してはいけないのかちゃんと考えたこともないのに「戦争が絶対悪だ」と思っている人たちは、時代が違えば「戦争が正しい」と思っていたでしょう。


障害者やセクシャルマイノリティーに対するいろんな偏見も同じように、過去の時代の常識なのです。それを引きずってしまう人もいて当然です。

 


ですが、いろんなネガティブな感情を「表に出す」のは全く別の話です。
他人を否定してもいいときは、徹底的に調べて、考えてからです。
「なんとなく気持ち悪い」とか言われても困ります。

常識に流されて他人を気持ち悪がるのは程度の軽い罪ですが、常識に流されて実際に他人を攻撃するのは重い罪だと思います。


いろんな人を気持ち悪いなって思うのは勝手ですが、表に出して差別するのはやめてください。
障害者もセクシャルマイノリティーも、変えることができない性質です。
気持ち悪いと口に出したところで、敵対するだけでお互い何も得しません。


今後そのような形で批判してくる方には「顔がきらい」「声が汚い」「生理的に無理」「人としてセンスが悪い」などなど、考えうる限り不毛な反撃をします。

 

「障害者やセクシャルマイノリティーの○○さんが○○するのが嫌だ、改善してほしい」という形の普通の提案なら当然してもいいと思いますが、
「障害者やセクシャルマイノリティーきもい」など、変えることができないことについて文句を言うのは幼児と同じです。

昔の場合、人間は完全に動物と同じでただ子孫を増やして繁栄するためだけの存在でした。

よって子孫を増やすために不利な性質を持つ人は価値がありませんでした。
しかし今人間は「子孫を残す」以外の様々な価値を持っています。
そんなさまざまな価値を認めることができないのは文化を放棄していると思います。

 


ではお前が生み出せるのはどんな価値なのだと問われたら下を向くしかありませんが、とりあえず今日の話はおわりです。


ではまたおまた。