エスペラント禅問答、思想と生活

私達を幸せにしてくれない常識を全部殺したい。ギャグ世界平和ブログは「モザイクエンペラーのブログ」

もう一つのブログ最新記事イベント「人間展示会やります」

男が上と思っている「じじいのきもち」

こんにちは。世界平和を目指す大学生、モザイクエンペラーです。

 

f:id:opantuemperor:20160715221616j:plain

画像は今回の話と全く関係ありません。

 

 

男尊女卑の考えを押し付けてくる人って、参っちゃいますよね。

それをもとにしたハラスメントとかは、もっと参っちゃいますよね。

 

男尊女卑エピソードはここに書いてもみんな気分悪くなっちゃうだけなので、今日はやめときます。

(別にそんなひどくはないでしょ?と思った人は今すぐ検索してください。そして泣きながら謝ってください。誰に謝ればいいのかはわからんけど。)

 

今日はどうして男尊女卑の考えをする人がまだいるのかについて考えます。

 

 

「男性が上」という考え方は、昔の強力な常識です。

現在にもこれとよく似た強力な常識があります。

 

 

「年上の人間を敬う」です。

 

 

 

 

どうして「年上なら敬うべき」なのでしょうか?

年齢よりもその人がどんな人間なのかのほうがよほど大事ではないでしょうか。

 

 

もちろん、長く生きている分、年上の人は様々なことを成し遂げている確率が高いです。

 

年を取ったからこそできる視点で物事を見ているかもしれません。そして若い人はなかなかそれを理解できないため、尊敬していないだけのかもしれません。

 

 

それでもやはり「年上は確率的に敬いたくなる人が多い」ということでしかなく、「年上だから敬う」ということにはなりません。

 

 

 

さて、すでに大炎上の予感ですが、とりあえず話を進めます。

 

 

とはいえ、論理的に「年上でも敬わなくてもいい」と思ったとして、

今日から年上の人でも対等な感じで接しようとしても、なんだか抵抗がありませんか?

(特に抵抗なくできるあなた。あなたは新人類です。)

 

たとえ相手が怒らないとしても、そんなに敬ってない相手でも、やっぱり難しいでしょう。

 

「年上を敬う」はとても強く叩き込まれた常識だからです。

 

 

とはいえこの常識に抵抗して、年上の人にも対等に接するのはお勧めしません。

大半の人が「年上が上」というルールで動いている社会で違うことをすれば、めっちゃ怒られるし嫌なことがいっぱい起きます。

かばんに消しカスとか入れられるかもしれません。

 

(とくに年上に対するタメ口は「対等だと思っている」という意味ではなく、「馬鹿にしている」という意味に受け取る人が多いのでお勧めしません。)

 

 

 

もちろん、男尊女卑の結果もたらされる被害と、年功序列の結果もたらされる被害は同程度だとは言えません。

どちらの被害も体系的にまとめることが難しいし、それぞれ別の次元のつらさを比べても仕方ありません。

それこそそんなことを書いたらきっと大炎上です。

そうなったらしょうがないので、私は燃えた炎の周りで回って、宇宙人を呼びます。

 

とにかく、男尊女卑と年功序列では被害が同じでないにせよ、「時代の常識にあらがうことが本当に大変なのだ」ということはわかっていただけたかと思います。

 

 

 

さて、男尊女卑に話を戻します。

 

特に老人の場合、男女平等を認めることは「とても長い間自分の信念だったものを否定する」という大きな精神的負担や、シンプルに「脳の老化により新しい考えを受け入れて新しい脳神経による回路を作るのが難しい」という部分があります。

(もちろん、男女平等であるべきだと思っている方もいます。)

 

 

もちろん常識的なことだからと言って、自分で考えることを放棄して誰かを害していいわけではないです。

 

ただ、常識にとらわれている人を見ていらいらしたとき、自分の気持ちを楽にするためにはこういう考え方をすればいいのではないかと思います。

 

(なにかひどいことをされたときは無理に許そうとせず、「クソジジイ!残り少ない毛を全部抜いてやる!」とか思ってもいいと思います。羅生門。)

 

 

 

ちなみに私は年下の子にタメ口で話されて、本当にイラつくときとなんとも思わない時があります。

何が違うのか考えた結果、イラつくときは「ただタメ口を使ってるだけじゃなくて私を馬鹿にした態度をとっている」と気づきました。

 

今度私と会う年下の人は私にタメ口で話してください。

あなたが私のことを馬鹿にしているのかどうか当てるゲームです。

私がイラついたら絶交で、その場合はお互い嫌いな人間と離れられるので二人とも勝ちです。

あとには何も残りません。

 

 

関連記事

 

www.esperantozenmondou.net

 

www.esperantozenmondou.net

www.esperantozenmondou.net