エスペラント禅問答、思想と生活

私達を幸せにしてくれない常識を全部壊したい。ギャグ世界平和ブログは「モザイクエンペラーのブログ」

もう一つのブログ最新記事イベント「人間展示会やります」

超!ヒモ理論!(想像編)

今日はヒモについて話す。

私はヒモをそんなに見たことがないので、今からの話はだいたい想像である。

 

 

ヒモの能力を示す尺度は、顔、性格、夢、家事、金だ。

 

 

どのくらい顔がいいか、

どういう性格か、

ヒモ状態の理由としてどんな目標や夢を語って達成のために取り組んでいるか、

どのくらい家事をしてくれるか、

どのくらいお金を入れている/もしくはもらっているか

 

この5つである。これらをヒモ力(ひもぢから、もしくはひもりょく)と呼ぶことにする。

 

しかし、世の中にはヒモ力が低いのにヒモライフを送っている人がいる。

 

そういう人の話を聞いて「じゃあ俺でもヒモになれるかも…!」と思う人がいる。

待て!そっちにあるのはハッピーヒモライフじゃないぞ!

 

 

「これでいいのかなあ」と思いつつも、ヒモ力が低いヒモを家に置いている人はおそらく自己評価が低いだろう。

あ、「これでいいのかなあ」なんて別に思ってない人は、そのままハッピーヒモライフを送ってください。

 

(今後、ヒモを家に置いている人を家主と呼ぶことにする)

 

家主は、自己評価が低いため、no  ヒモ human(きちんと自分でいろいろやってくれる人)に好きになってもらえることなんてないと思っている。

このひもを逃したら自分を好きになってくれる人がいないと思っていたら、ヒモに働けと要求したり追い出したりできない。

 

もしくは自己評価が低すぎて「ヒモの面倒を見ている自分」という価値を失うのが怖いのだ。

ヒモのことが心配だからといって家に住ませ続けたりいろいろ必要以上に手助けすることで、より一層no  ヒモ humanへの道のりが遠くなっていく。

下手すると共依存になっていく。

 

これだけ自己評価が低いと大変だ。

夜中にいきなり泣いたり暴れたりするぞ。

ハッピーヒモライフじゃなくてメンヘラ慰めライフだぞ。

 

ヒモ自身も仕事も家事もしていないと、社会に貢献しているという実感を得られにくいため少しずつしんどくなってくる。

何で生きてるんだろうみたいなことを考えてしまう。

 

(たまに、働かなくても全然気に病まない人がいる。それはたぶん才能。)

 

 

ヒモ力が高いヒモであれば、ヒモ自身も家主もハッピーヒモライフを送れるのだ。

家事をやったりちょっとは働いたり、性格をよくする必要があるのだ。

 

などというと「どうしても楽してヒモになりたい!働きたくないし家事も一切したくない!」という人が現れるだろう。

実は理想のヒモ状態はもう1パターンあるのだ!

教えてほしいか!

3回まわってワンとお言い!

 

 

理想のヒモ状態、それはゴールデンレトリーバーだ。

 

家主は「自分はでかいゴールデンレトリーバーを飼っている」と思っていた場合、

たとえそいつが家事をしなくてお金がかかる一方でも全然問題ない。だって犬はそういうものだから。

自己評価も下がったりしない。

 

ヒモ自身も自分はゴールデンレトリーバーだと思っていたら「社会に貢献できない」と思い悩んだりしない。

散歩に行って飯が食えて他の奴と遊べればハッピーだ。

 

以上のことを私は「超!ヒモ理論!」と呼ぶことにする。

 

 

ちなみに私は自分の家にヒモが転がり込んできたら即効追い出す。

自分のことは天才美少女だと思っている。

自己評価を上げるために「私はかわいい、私は天才」という文章を毎日読み上げた成果である。

何の天才かは知らない。

 

 

www.esperantozenmondou.net

www.esperantozenmondou.net

www.esperantozenmondou.net