エスペラント禅問答、思想と生活

私達を幸せにしてくれない常識を全部殺したい。ギャグ世界平和ブログは「モザイクエンペラーのブログ」

もう一つのブログ最新記事イベント「人間展示会やります」

毎日親を思い出し恨んでしまう人へ

一緒に住んでいるわけでもないのに頻繁に親を思い出して憎んだり恨んだりしてしまう。

つらいですね。私もそうでした。

幼稚園から大学三年まで親を思い出して毎日(本当に毎日です)泣いていた私が、親を全く思い出さなくなった方法を紹介します!

 

(一緒に住んでいるあなたはしかるべき年齢になったらどうにか頑張って家を出てください。応援してます。でも親と住んでいてもこの記事は少しは役に立つと思います。)

 

頻繁に親を思い出して憎んでしまうのは、親のせいで○○というできごとが日常の中にあるから起きることです。

親が愛してくれなかったから恋人とうまくいかない、親がろくな飯を作ってくれなかったからうまく料理ができない、何かがうまくできないときに昔できなくて親に怒鳴られたこと思い出してしまう、などです。

 

これらは

  1. 考え方を変える
  2. その局面になったら違うことを考える
  3. その局面を避ける

の3パターンで解決可能です。

 

まずは自分がどんな時に親を恨んだり憎んだりしてしまうか紙に書き出してみて、1~3のどのやり方で変えるかを下に書き出しましょう。

毎日その紙を持ち歩いて、親を憎む気持ちが出てきたら眺めるか、もしくは毎朝一回眺めましょう。

本当にこれだけなのでやってみてください。

やる手間に対して得られるメリットがとても大きいです。

 

 

考え方を変えるやりかた

 

たとえば親が愛してくれなかったから恋人とうまくいかない、といつも考えているとしましょう。

これって、本当にそうでしょうか。

 

普通の家庭の人であっても親に向ける感情と恋人に向ける感情って違いますよね。

恋人は親と違い完全に対等な存在だし、束縛されたりお金や家事の分担もしなければならず、普通の家庭の人であってもうまくいかないことだってあります。

恋人とうまくいかなかったのは自分の心が狭かったからかもしれないし、合わない相手を選んでいたからかもしれず、親は関係ないかもしれません。

ひょっとしたら親のせいにすることで自分の性格について反省することを避けていた可能性もあります。

 

いま、私に反論したくなったかもしれませんがちょっと待ってください。

重要なのは私の理論に納得できるかできないかではなく、あなたが恋人とうまくいかない理由を解決可能で建設的なものに変えていくことです。

あなたが納得できて、かつ親を憎んで苦しい思いをしなくて済む理由であれば私が挙げた理由でなくとも何でも構わないということです。

 

 

また、親が愛してくれなかったのだから今後も自分は愛されることはないと考えているとします。

 

あなたの親は残念な人だったかもしれませんが、周りの人もみんな残念とは限らないので、あなたの良さを見つけてくれる人がいます。

また、自分から「あなたがのこういうところが好きです」と発信すればあなたに興味を持ってくれる人も増えるはずです。告白したりして振られるのは怖いかもしれませんが、めちゃめちゃモテる人でも振られることはあるので大丈夫です。

 

 

その局面になったら違うことを考える

 

たとえば何かがうまくできないときに親に怒られたことを思い出してしまうとします。

こういうときは一回休憩しておいしいものでも食べましょう。自分は天才だと言い聞かせてからもう一回だけチャレンジして、だめだったら勉強なら解説を見ましょう。仕事なら周りの人に聞きましょう。

 

このとき考えているのは親のことだけではなく「自分はダメ人間だ」とか「自分は何をやっても失敗する」とかではありませんか?

あなたはダメ人間ではありません。天才美少女です。あとで自分に自信をつけるやりかたを紹介するので、その方法で自分を天才美少女だと思い込んでください。

また、何をやっても失敗するなんてことはありません。あなたは受精をはじめ、朝起きたり電車に乗ったりといったことからはじめいろんなことに成功しているはずです。「なにをやっても失敗」は言いすぎです。

 

 

その局面を避ける

 

たとえば親に褒められたことがないから自分に自信がないとします。

自信をつけましょう。

信じられないくらい簡単に自信がつくのでこの記事を読んでください。

 

www.esperantozenmondou.net

 

 

おやがろくな飯を作ってくれなかったからろくに料理ができないなら、毎週末料理本を見ながら料理を作ってみてはどうでしょうか。5回連続くらい同じ料理を作ればきっとおいしい料理ができるでしょう。料理本を見ながらできなければ友達を家に呼んで一緒につくってもらったり、料理教室に通ってもいいでしょう。

少し手間はかかりますが頻繁に親を思い出して落ち込むよりはいいと思いませんか。

 

 

さて、自分が親を思い出す局面を紙に書きだして、以上3つのやり方で親を恨んだり憎んだりする気持ちから自分を少しでも楽にしてください。

全部は消えないかもしれませんが、ちょっとでも楽になってもらえたらうれしいです。

 

ではでは。

 

www.esperantozenmondou.net