エスペラント禅問答、思想と生活

私達を幸せにしてくれない常識を全部殺したい。ギャグ世界平和ブログは「モザイクエンペラーのブログ」

もう一つのブログ最新記事イベント「人間展示会やります」

すぐできる!繰り下がりの引き算

こんにちは、モザイクエンペラーです。私が結婚するときは絶対に割り切れないように素数ご祝儀をもらいたいです。

 

 

私が教えていた子は、なんと繰り下がりの暗算が1日でできるようになりました!

今日はその方法をお伝えします。

(その子は1+1~9+9の足し算はすべてできていました。ですので焦らずその子にあったペースで教えてください)

 

家庭教師をやっていて、繰り下がりの引き算ができるようになるには

いくつかのステップを踏まないといけないということに気づきました。

きちんとステップを踏めば無理なくできるようになるので、焦らずにやってみてください。

普通の仕事でもそうですが、意外と入口でつまずいていて説明が伝わらないことがあるので、どこからつまづいているのかをよく見極めてください。


15-7の場合

10-7+5として教える

①まず10-7=3を答えられるようになる必要があるので、
10-1~10-9までを練習する

10-1と10-9、
10-2と10-8、
10-3と10-7、
10-4と10-6と10-5
の4グループにわけておぼえていく。

1グループめをやるときは、1と9だけ残したトランプを使って、
1を出したら9と答えさせて、9を出したら1と答えさせるようにしてやるとやりやすい。
全部のグループができるようになったら1グループめと2グループめをまぜたりしてやってみる。

はじめのうち答えに詰まっていたらすぐに答えを教える。それを何回も繰り返せば覚えるので。

②1+1から9+9までがすべてできることを確認する
できなければ毎日5回ずつできない足し算を読み上げて無理ないペースでおぼえる。

③10-7+5を暗算させる

④15-7を10-7+5の形に頭の中で直してから計算するんだよ、と教えてから
15-7を暗算させる

25-7の場合

⑤①から④まですべてクリアしたら
15-7をしてから10をたすように教える。

このときなぜ10を足すのかは、25個のタイルやおはじきなどを使って教えるとわかりやすい。

 
ポイントは「なんでわからないの」「さっき説明したじゃない」と言わないこと。
「わからないって言ってくれてありがとう」の精神です。
わからないところは最低5回はくりかえすもんだ、と思っておきましょう。
説明した後は、本当にわかっているかどうか自分の言葉でもう一度説明させます。
 
プリントなどでやったとき、まる付けはしていいですがばつを書くのはやめましょう。
ばつだらけだとやる気がなくなります。
 
最後には毎回今日やったところの復習をしましょう。
午前中は頭がさえているので理解しなければならないこと、夜寝る前は暗記に適した時間帯なので、なるべくそのようにやりましょう。
 
いじょうです!